2011年4月13日水曜日

ガタガタガタガタ、うるせぇんだよ!!

最近、アイドリング時にバイクから「ガタガタガタガタ」という変な音がしておりました。アクセルもやたらとしゃくるし。。

マフラーの音も何か濁っているような、バラけた感じの音でした。

まぁ、ここのところぶっ飛ばしツーリングが多かったし、バイクは色んな音するからなぁ~、なんて呑気に構えていたら走行中にも音が出だして慌ててバイク屋サンに行きました。

メカニックさんは音を聞いて一言、「あぁ、これマフラーですね。。」と。

なるほどなぁ、と。

そういえば以前にも同じ音がして治してもらったわ。。

要はエキマニの集合部のところの液体ガスケットが焼けて終了すると金属同士が触れ合ってガタガタ音が発生する訳なんですな。

しかも、ガスケット抜けを起こすと、どういう訳か物凄いアクセルがしゃくるようになるんですね。

そこで治してもらおうかとも思いましたが、デイトナの高耐熱シリコンガスケットが大量に余っているので自分でやればいいか、と思い帰宅。

あぁーうるさい!!

ガタガタガタガタ、うるせぇ。。

という訳でエキマニ、センターパイプ、マフラーをバラバラにして古い液体ガスケットを除去。

あとは取説通りに高耐熱シリコンガスケットを集合部とマフラーの接続部にベタベタに塗りたくり、完了と。

どうせだからとエキマニもセンターパイプもマフラーもプレクサスでピカピカにしました。

チタンマフラーはプレクサスで磨くといい焼け色がつくんですよね。

写真は手がベトベトで撮れませんでした。。

エキマニのとこのエキゾーストガスケットを買い忘れていたのですがとりあえず再利用しました。新品つけると一ヶ月以上、乗るたびに増し締めしないとフランジボルトが緩むんですよね。

排気漏れしてたら交換したらいいしね。チタンで軽いからエキマニ~マフラごと外してエキゾーストガスケットだけ変えるのは簡単だし。

しかし、モリワキのフルエキはエキマニの集合部のとこは差し込むだけなんだよなぁ。。

せめてスプリングはつけてくれ~。。

ガタガタ音の箇所はかなりザラザラして表面が荒れておりました。

エンジンかけたらガタガタ音は止まっておりました。マフラーの音もバラつきのない、ヨンフォアらしい綺麗な音になってます。

これで24時間放置してテスト走行して走行中のガタガタ音とアクセルのしゃくりが治ってたら完了や。

約半年で液体ガスケットは終了する計算なのでまた半年後にはやらんといかんのか…。

デイトナの高耐熱シリコンガスケットって耐熱が371℃。

4速や5速でレッドまで回したら排気温度はどんくらいなんだろう?

もうちょい高耐熱な液状ガスケットってないもんかなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

フォロワー

このブログを検索